わかる楽しさ、できる喜びを
1時限1時限、丁寧に積み上げる。 The pleasure of understanding and
the joy of learning, class by class.

授業特色

豊かに楽しく学ぶ、毎日の授業。

片山学園初等科では公立小学校とくらべ、6年間で約1,200時限多い授業時間を設定しています。 加えてモジュール学習、アフタースクール、夏の特別講習などで豊富な学習時間を確保。小学基礎学力の徹底はもちろんのこと、中学入試にも堪えうる応用力、中学内容の先取りのほか、次期学習指導要領で主眼となる、思考力、判断力、表現力といった資質・能力の獲得を目指します。 子どもたちがアクティブに学び合い、夢中で取り組めるよう、創意工夫を凝らした授業を行います。

時間割 (1年生の例)

1st.モジュール / 音読&速算
1時限 道徳 国語 英語 計算 読書
2時限 国語 生活 生活 国語 英語
2nd.モジュール / 思考力
3時限 体育 英語 国語 音楽 算数
4時限 算数 論理 体育 国語 生活
給食・昼休み
3rd.モジュール / REP(英語)
5時限 音楽 図工 算数 英語 国語
6時限 英語 図工 国語 水泳 特活
アフタースクール(希望者)

※ 「1st.モジュール」〜「3rd.モジュール」は
各時間のモジュール学習の名前です。

  • 英 語
  • 国 語
  • 算 数


英語は、
未来の味方。 English ‒ your partner for the future.

「英語力」
「異文化を理解し尊重する力」
「コミュニケーション能力」
の習得を目標とします。

「English as a Lingua Franca」という言葉があります。「Lingua Franca (リンガフランカ)」は異国間の交流・交易の際に使われてきた、さまざまな言語のことを指す言葉。 今では「言語や文化の異なる人々が使う共通語」という意味で用いられるようになりました。18億人と言われる英語人口のうち、80%は英語以外の母国語を持つ人々。「English as a Lingua Franca」は、英語を、英語圏の人々だけではなく母国語の異なる世界中の人々とコミュニケーションをとるための共通語として学ぶ、という考え方です。 ボーダレス化する社会において英会話能力の高さは重要ですが、それ以上に相手を理解し、尊重しようとする寛容さ、恥ずかしがらず自信を持ってコミュニケーションを行おうとする心構えが大切です。片山学園初等科では、日常的に英語にふれることで自然で無理のない習得を目指しつつ、「English as a Lingua Franca」の精神のもと、語学だけにとどまらないコミュニケーション教育を行います。

  • 毎日英語にふれる 1日1時限、週5時限の英語の授業を1年生から6年生まで継続して実施。5、6年生で週1時限の「外国語活動」を行う現学習指導要領とくらべ、15倍に相当する時間です。毎日英語にふれる環境をつくり、自然な習得を目指します。
  • GrapeSEED 日米の児童英語教育者が共同開発した英語教育プログラム「GrapeSEED」を採用。語彙や表現が登場する場面、回数まで緻密に計算されたプログラムです。先生と子どもたちが英語のみでコミュニケーションを楽しむレッスンで、テンポよく、アクティブに学びます。
  • REP 「REP (Repeated Exposure & Practice)」は、学校で習った英語に繰り返しふれ、しっかり定着させるために行う反復練習。テキストやCD、DVDを使って毎日30分、家庭学習として取り組みます。「覚える⇔使う」の相乗効果で、習った英語を自分の言葉として着実に体得していきます。
  • ALL ENGLISH 英語の授業専用の教室「ELF room」に入ったら、日本語は一切禁止。すべての会話は英語で行われます。ネイティブの先生は授業外でもずっと英語で話しますし、「All English Time」などのイベントも計画中。英語でコミュニケーションをとる機会を多く設けています。
  • ENGLISH NAME 子どもたちはそれぞれのイングリッシュネームを持ち、英語の授業や英語の先生と話をする際には、卒業までずっとその名前を使用します。時にはネイティブの先生からイングリッシュネーム宛にランチの招待状が届くことも。ちょっと素敵な体験です。
  • 英語多読 図書室には、さまざまなレベルの英語の本を用意。学校全体で取り組む読書指導の一環としても、英語多読を推進します。リアルでみずみずしい表現にたくさんふれることで、生きた言語感覚を身につけます。
  • 英語スピーチコンテスト 歴史ある「IKUEI英語スピーチコンテスト」に参加。学内で予選も実施し、最優秀賞をねらいます。多くの観客の前で堂々と英語で話せることは、子どもたちの大きな自信になります。
  • 語学研修旅行 海外研修旅行や国内の英語研修施設への旅行も計画中。普段の学校を離れ、日常会話のすべてが英語で行われる特別な環境の中で、より生活に根ざした英語を学ぶことができます。
  • 英検準2級目標 高学年からは、英文法の学習も取り入れ、中学校の英語の授業に備えます。卒業までに英検準2級(高校中級程度)を取得することを目標とします。
  • 毎日英語にふれる 1日1時限、週5時限の英語の授業を1年生から6年生まで継続して実施。5、6年生で週1時限の「外国語活動」を行う現学習指導要領とくらべ、15倍に相当する時間です。毎日英語にふれる環境をつくり、自然な習得を目指します。
  • GrapeSEED 日米の児童英語教育者が共同開発した英語教育プログラム「GrapeSEED」を採用。語彙や表現が登場する場面、回数まで緻密に計算されたプログラムです。先生と子どもたちが英語のみでコミュニケーションを楽しむレッスンで、テンポよく、アクティブに学びます。
  • REP 「REP (Repeated Exposure & Practice)」は、学校で習った英語に繰り返しふれ、しっかり定着させるために行う反復練習。テキストやCD、DVDを使って毎日30分、家庭学習として取り組みます。「覚える⇔使う」の相乗効果で、習った英語を自分の言葉として着実に体得していきます。
  • ALL ENGLISH 英語の授業専用の教室「ELF room」に入ったら、日本語は一切禁止。すべての会話は英語で行われます。ネイティブの先生は授業外でもずっと英語で話しますし、「All English Time」などのイベントも計画中。英語でコミュニケーションをとる機会を多く設けています。
  • ENGLISH NAME 子どもたちはそれぞれのイングリッシュネームを持ち、英語の授業や英語の先生と話をする際には、卒業までずっとその名前を使用します。時にはネイティブの先生からイングリッシュネーム宛にランチの招待状が届くことも。ちょっと素敵な体験です。
  • 英語多読 図書室には、さまざまなレベルの英語の本を用意。学校全体で取り組む読書指導の一環としても、英語多読を推進します。リアルでみずみずしい表現にたくさんふれることで、生きた言語感覚を身につけます。
  • 英語スピーチコンテスト 歴史ある「IKUEI英語スピーチコンテスト」に参加。学内で予選も実施し、最優秀賞をねらいます。多くの観客の前で堂々と英語で話せることは、子どもたちの大きな自信になります。
  • 語学研修旅行 海外研修旅行や国内の英語研修施設への旅行も計画中。普段の学校を離れ、日常会話のすべてが英語で行われる特別な環境の中で、より生活に根ざした英語を学ぶことができます。
  • 英検準2級目標 高学年からは、英文法の学習も取り入れ、中学校の英語の授業に備えます。卒業までに英検準2級(高校中級程度)を取得することを目標とします。


深く理解し、
広く伝えるための国語。 「美しい日本語」
「精緻な読解力」
「自在な表現力」
の習得を目標とします。

  • 音読モジュール 1st.モジュールでは、音読の題材として古典や名文を取り上げ、日本語の美しさを体感します。
  • 読書の時間 週1時限は「読書の時間」。読んだ本を記録する「読書貯金」、本のプレゼン大会「ビブリオバトル」、ゲーム感覚で読む力を引き出す「アニマシオン」など、読書を楽しむ活動も積極的に取り入れます。
  • 漢字の先行学習 該当学年の漢字学習は、1学期の早い段階で終了。学習効率向上をはかります。卒業までに全員が漢検4級(中学校在学程度)を取得することを目標とします。
  • 論理の時間 週1時限は「論理の時間」。一文の構造理解からはじめ、やがてはPISA読解力調査に見られる、図表等の「非連続テキスト」を文章と関連付けて理解・利用・熟考できる力を身につけます。
  • 表現力の養成 6年間を通じて体系的な作文指導を行います。また、ディベートやプレゼンテーションの経験を積み、豊かな表現力を養います。
  • 読解力の養成 良質な中学入試問題の演習も取り入れ、「なんとなく」ではなく根拠にもとづいて解を導ける、論理的で精緻な読解力を身につけます。


論理的思考を育む算数。 「数学的基礎技術」
「柔軟な発想・応用力」
「難問に果敢に挑む精神力」
の習得を目標とします。

  • 速算モジュール 1st.モジュールでは、100マス計算等で基礎計算力の習得をはかるとともに、集中力を鍛えます。
  • 計算力の増強 計算力は算数・数学のすべての基本であるととらえ、学年の枠を越えて計算分野のカリキュラムを設定。速く正確に計算する力を磨き上げます。
  • 中学入試問題も活用 柔軟な発想やひらめき、応用力などが試される中学入試問題。厳選した良質な問題に取り組むことで、応用力の増強をはかります。
  • 思考力モジュール 2nd.モジュールでは、タブレットアプリを用い、思考センスを育成します。空間把握、平面図形、試行錯誤などの力を、デジタル教材のメリットを最大限に生かして、楽しく鍛えていきます。
  • 思考大会に挑戦 高度な算数・数学の世界にふれる機会として「富山県児童生徒思考大会」に挑戦。全国からも注目を集める伝統ある大会です。優秀な成績を目指し、モチベーションを高めます。
  • 中学学習内容の先取り 中学数学の一部の内容を独自のカリキュラムで無理なく先取り。片山学園中学校進学後の学習がより効果的になります。卒業までに全員が数検5級(中学1年生程度)を取得することを目標とします。